盛岡白百合学園中学高等学校 盛岡白百合学園中学高等学校

卒業生の活躍

夢を叶えた先輩たち

小野寺 みずきさん

小野寺 みずきさん
インカレ制覇 日本一!!
2019年度全日本学生室内アーチェリー選手権で、卒業生の小野寺みずきさん(近畿大学)が1年生ながら優勝するという快挙を成し遂げました。今後の活躍にも期待です!


茨城国体 アーチェリー競技成年女子 日本一!
第74回国民体育大会 アーチェリー競技 成年女子の部で、本校卒業生が県代表として出場し、見事優勝を果たしました。
写真右 :本校卒業生 岩渕萌さん(雫石町役場勤務)
写真中央:本校卒業生 小野寺まどかさん(近畿大学)
写真左 :本校コーチ 川渕真弓さん(ぴょんぴょん舎勤務)

大久保 茉美さん

大久保 茉美さん
◎ 洗足学園音楽大学、東京藝術大学 出身
◎オーボエ奏者
私はマリア寮での生活を通して協調性と自主性、思いやりの心を学びました。中1生から高3生まで様々な地域から集まった仲間と毎日、切磋琢磨しながら様々な経験ができたことは今でも私にとっての生涯の宝物です。現在はオーボエ奏者としてアニメ・CM等のレコーディング、【木管五重奏カラフル】としてユニバーサルミュージックよりメジャーデビューをし全国各地で演奏活動を行なっています。進路に迷った時に先生方が親身に相談に乗ってくださり、背中を押してくださったおかげで今の私がいます。自分の可能性や視野を広げて下さった白百合での3年間に心から感謝しています。

宇野 緑さん

宇野 緑さん
◎慶應義塾大学 総合政策学部出身
◎ATカーニー勤務
学園生活、留学経験が今の自分をつくった
私はマリア寮で暮らしていたので、先輩や後輩との学年を超えた交流や共同生活を通して多くのことを学びました。また、高校2年生で体験した1年間のベルギー留学も良い思い出です。留学で得た語学力やコミュニケーション力は、経営戦略コンサルタントの仕事に役立っています。これは、留学制度が整っている盛岡白百合だったから成し得たこと。盛岡白百合での生活が今の私のすべての土台になっていると感じます。

高橋 智子さん

高橋 智子さん
◎岩手医科大学医学部出身
◎岩手医科大学付属病院 勤務
盛岡白百合での学びを生かし医師の道へ
盛岡白百合では、学力はもちろん、女性ならではのきめ細やかな心遣い、謙虚さ、強さを身に付けることができます。社会人になって気がついたのは、盛岡白百合学園中学・高校での経験を生かし、さまざまな業界でリーダーシップを発揮し、国内外で活躍している先輩・友人・後輩がたくさんいること。私自身も盛岡白百合で学び、身に付けたことが多く、また学園生活の中で得た教訓を忘れずに、医師として研鑽を積む日々を送っています。

馬場 仁美さん

馬場 仁美さん
◎北海道大学農学部出身
◎ホクレン農業共同組合 連合会勤務
思い出いっぱいの3年間
友人たちと過ごした毎日は、笑いあり、涙ありで、青春そのものでした。中でも受験勉強は、自分の全てをかけたといっても過言ではありません。合格できたのは、友人と先生のおかげ。つらさを乗り越えて一緒にがんばった友人たち、ていねいな指導とアドバイスをくださった先生がたがいらっしゃったからこそ、折れずに最後まで走り抜くことができました。合格したときの喜びと感謝の気持ちは今でも忘れることはできません。

野崎 恵理さん

野崎 恵理さん
◎東京女子大学 現代教養学部出身
◎ANA全日本空輸株式会社 勤務
学校と寮生活で学んだ社会人としての基礎
盛岡白百合での日々は、私という人間の軸となっています。高校3年間はマリア寮に在籍しました。一人っ子の私は集団生活が苦手で、辛いと感じることもありましたが、寮母さんの愛ある教えや苦楽をともにした友人との絆は一生ものであり、高校生活を語る上で必要不可欠です。また、宗教の授業で学んだ愛徳の精神、部活動で得た努力する尊さ、礼儀、チームワークなど、社会人としての基礎も学ぶことができました。

鈴木 恭子さん

鈴木 恭子さん
◎上智大学文学部新聞学科卒業
◎(株)日本旅行 勤務
私は、高校生活を通して友人と多くの大切な思い出を作ることができました。私の高校生活は、あの仲間と一緒でなければ成り立っていなかったと言っても過言ではありません。私は生徒会に所属していて、活動が忙しく大変な時期がありました。そんな時に支え励ましてくれたのはクラスの友人たちでした。どんな気持ちも共有できる、一生付き合っていける友人に出会えたことは、私にとって宝物です。そして、私はこの盛岡白百合学園で多くの素晴らしい先生方と出会いました。分からないことを分かるまでとことん教えてくださる先生、立ち止まった時には背中を押してくださる先生。先生方の支えやご指導は私にとってなくてなくてはならないものでした。

西牧 弘奈さん

西牧 弘奈さん
◎岩手医科大学卒業
◎岩手県立中央病院麻酔科 勤務
白百合での一番の思い出は、バドミントン部のキャプテンをしたことです。部員の先頭に立つということの責任、その重圧が私を大きく成長させてくれました。その中で学んだことは、自分の力量を適切に測り、範晴を超えた場合は素直に然るべき相手に助力を求めるということです。当たり前のようで、実行するのは意外と難しいことでしたが、周囲に助けてもらうことで、できることの範囲が広がり、視野も広くなったように思います。学業の面でも、部活動との両立は不思議と苦ではありませんでした。空き時間や、通学中の車内でよく小テストの勉強をしていたことなど、時折学生時代を振り返るたび、充実した学園生活だったと実感しています。