HOME > News Release > 記事タイトル

News Release

2016.03.16

「校」の読み

    1月、剣道部が寒稽古だと言っていました。
    華道部は木曜日がお稽古日だと言います。
    「稽古」、これを「古きを稽(かんが)える」と読むのだと知ってから、練習だとかトレーニングなどと言い換えてはいけないのだと分かりました。
    「かんがえる」には「考」や「稽」の他にも「攷」「案」「勘」があることをパソコンの文字変換は教えてくれますが、最近、「校」の字にもかんがえるという訓よみがあることを知りました。
    学校とは学び舎のことと辞書には出てきます。しかし私は「学校とは学び、そして校(かんが)える所」だという解釈を推したいと思いました。

    今日から中学3年生、高校一二年生の春季課外授業が始まっています。
    「校」。生徒たちに贈りたい漢字となりました。

    • 盛岡白百合学園高等学校
    • 「マリア寮」のご案内
    • 盛岡白百合学園小学校
    • 盛岡白百合学園幼稚園
    • 白百合学園 沿革