HOME > News Release > 記事タイトル

News Release

2015.07.13

ひぐらし

    今日はこの夏一番の暑い日となりましたが、この暑さをひときわ喜んでいるかのように蝉たちの大合唱が林間を伝って聞こえます。
    朝から早起きのアブラゼミたちは疲れも知らず一日中鳴きっ放しでした。そのにぎやかな鳴き声がしかしさほど気にならないのは、もしかして芭蕉翁の「閑かさや岩にしみいる蝉の声」に共感できる私たち日本人に流れるDNAのせいなのでしょうか。
    ところがこの蝉はダメです。
    夕方になってカナカナと鳴き出すあの蝉です。鳴き声そのままにカナカナとも言われますが、日暮れ時に鳴くことから日を暮れさせるものとしてヒグラシと名付けられた蝉、蜩です。哀調帯びたその鳴き声がなんとももの悲しいのですが、ついつい聴きいってしまうのはなぜでしょうか。
    長い白百合坂を下っていく生徒たちを、蜩の声がビロードのようなやわらかさと優しさで包んでいました。




    • 盛岡白百合学園高等学校
    • 「マリア寮」のご案内
    • 盛岡白百合学園小学校
    • 盛岡白百合学園幼稚園
    • 白百合学園 沿革