HOME > News Release > 記事タイトル

News Release

2015.06.05

あの日の感動~東京オリンピック

    中学生の全校朝礼は月曜日と金曜日の週2回。中ホールに一同整列し、静粛の中に始まります。心をひとつにお祈りし、聖句を唱え、声を合わせて聖歌を歌います。その後、先生のお話を伺い、最後は2列縦隊の行進をします。ここでも縦横に列を揃え、右回りと左回りの隊列が重なって交差する行進は、空間作りによる協調性を意図しています。
    結構難しい行進になりますが、ここでかかる行進曲が51年前のあの東京オリンピックの開会式で流れた「オリンピックマーチ」。名曲の誉れ高い、故古関裕而氏作曲によるマーチです。
    明るく躍動感にあふれ、聞いているだけでさわやかな気分となってきます。ぜひ、この曲に鼓舞されて、来週の中間試験、そして市中総体での好結果につながってほしいと、今朝は思いました。

    ところで、この古関裕而氏をして会心の作だと言わしめたこの曲を聴いて、1964年10月10日のこれぞ日本晴れという記憶がよみがえる御仁は、おそらく57、8歳以上ではないでしょうか。そして、この曲の最後に、古関氏が隠して入れた君が代のコードを味わえるとなれば、さらに限られたごくわずかな方々になりましょう。
    2020年東京オリンピックの時には18、19、20歳になんなんとしている今の中学生に、51年前にあった東京オリンピックの感動を伝えたい。そんな衝動を、今朝は覚えたのでした。

    • 盛岡白百合学園高等学校
    • 「マリア寮」のご案内
    • 盛岡白百合学園小学校
    • 盛岡白百合学園幼稚園
    • 白百合学園 沿革