HOME > News Release > 記事タイトル

News Release

2015.05.18

スイセンします。後始末。

  • スイセンします。後始末。の画像

春の花たちがにぎやかです。次から次と花が咲き出しています。
図書館前の花壇を最初に彩ったのはチューリップとともに黄色や白の水仙の花たちでした。
そのチューリップも水仙も花を落としてしまいましたが、花壇では好対照の光景です。
チューリップが自然と落ちた花の後もそのままにしてあるのに対して、片や水仙の方はすべての水仙で長く伸びた葉っぱを束ねて結んであります。
いっそ葉っぱを根元から切ってしまえばいいのにと考えがちですが、実は来春の開花に向け球根に十分な栄養を蓄えるために、花後もしばらく葉の光合成を必要としているのですね。そのため、すぐに葉を切り落としたり球根含めて抜き取るのはよくないんだそうです。用務員さんに教わりました。
チューリップの方は花が落ちても茎も葉もしゃきっとしていますので枯れるまでしばらくそのままでよく、しかし水仙の方は種ができないうちに花茎を切らなければならないとのこと。但し、水仙の長い葉が邪魔になるので、株元で軽く結ぶようにしています。これだと広がらず邪魔にもなりませんから、という説明でした。

来年のための球根への栄養補給。さらに水仙の葉を束ねる後始末。勉強になりました。

  • 盛岡白百合学園高等学校
  • 「マリア寮」のご案内
  • 盛岡白百合学園小学校
  • 盛岡白百合学園幼稚園
  • 白百合学園 沿革