HOME > News Release > 記事タイトル

News Release

2015.03.13

アンジェラスの鐘に吸われし十五の心

    中学校の第68回卒業証書授与式が行なわれた今日。晴れの門出にふさわしく、昨日までの荒天が嘘のように時折り青空がのぞき春の陽光降り注ぐ穏やかな日となりました。
    開式10時。中学生高校生が演奏する弦楽の厳かな調べの中を緊張の面持ちで入場する卒業生たちです。式では四ツ家教会ヨゼフ神父様の祝福をいただき、学校長の卒業生を励ます式辞を述べられた後、父母と教師の会会長からも祝辞がありました。
    十五歳からの心掛け、二十歳前までに自身を育てていく心の在り方を訓じてくださったそのお話の中で、石川啄木の歌「不来方のお城の草に寝ころびて空に吸はれし十五の心」になぞらえて、「アンジェラスの鐘に吸われし十五の心」と、本校の鐘楼を仰ぎ見て通った中学3年間を形容される件(くだり)がありました。

    清く、正しく、美しいものにあこがれる十五の心。
    卒業生たちの澄んだ瞳が次なるステージを見据えていました。

    • 盛岡白百合学園高等学校
    • 「マリア寮」のご案内
    • 盛岡白百合学園小学校
    • 盛岡白百合学園幼稚園
    • 白百合学園 沿革