HOME > News Release > 記事タイトル

News Release

2014.09.03

職員室に観覧車?

    生徒の登校が始まった今朝の7時半頃、職員室ではどこからか軽やかなメロディが流れてきました。ディズニーの名曲♪イッツ スモール ワールドです。先生のどなたかのケイタイの着メロ?と思っていると、なんとミニチュア観覧車の飾りをもったオルゴールからの曲でした。
    持ち主は数学科の伊藤先生です。同じく数学科の若手、月花先生とこのオルゴールを間にしてなにやら話されています。そっと近寄ってみると、観覧車のゴンドラが回転移動する動きで三角関数を視覚的にイメージさせようという教材だということが分かりました。
    全国組織の数学教育協議会の委員長でもある伊藤先生は、「数学チャレンジおもちゃ箱」(国土社)という本も編集されておいでの遊び心あふれる先生。中学生にも高校生にも授業でしばしばサプライズ教材を用意してくださいますが、数年前にこれは使えるぞと思って買われた観覧車オルゴール。これで難解な数ⅡBのサイン、コサイン、タンジェントも生徒はばっちりでしょう。

    今日の高二の数学の時間は、観覧車だけに、きっと大勢の観覧者が先生とオルゴールの周りを囲むんだろうな、そんな楽しい光景を思い描いてみるのでした。

    • 盛岡白百合学園高等学校
    • 「マリア寮」のご案内
    • 盛岡白百合学園小学校
    • 盛岡白百合学園幼稚園
    • 白百合学園 沿革