HOME > News Release > 記事タイトル

News Release

2014.07.30

勉強です!

    「学生の本文は勉強である」とはだれも異論のないところですが、この勉強という言葉、ちょっと面白いなと思っています。
    古くは字義通り「勉めて強いる」、つまり無理して行うことであり、いまでも漢字の本家中国では、無理強いするというのが一般的だそうです。日本でもこの意味が先行していましたが、江戸時代の関西を中心に売り手が買い手に売り物を安くするという意味も加わり、さらに明治になって技芸や学問を修めることをさしても言うようになったのだそうです。
    「ちゃんと勉強しなさい」
    この言葉とともに親に叱られた記憶が残っている大人は決して少なくないと思われますが、親になった途端、今度はわが子に対しこのフレーズを同じように使っていたりします。これほど親から子、子から孫へと語り継がれる言葉もなかなかないのでは。強い遺伝子を持った日本語に思えてきます。

    一方、なぜだか「ちゃんと学習しなさい」という言い方はあまり耳にしません。
    比べて思うのは、学習にはどこか楽しさと喜びがあり、勉強には自身を厳しく鍛えるという意味と努力や忍耐といったニュアンスがあるように思うのは、はて、私だけでしょうか。

    中学生高校生夏の特訓前半戦が終わり、今日から高校生の夏の課外授業、後半がスタートしました。
    東北大学のオープンキャンパスにツアーを組んで出かけた一年生は明日からですが、三年生は引き続きいわて県民情報交流センターアイーナを会場に、二年生は学校で、今日から6日間、実力養成に励みます。
    「夏を制するものは受験を制す」。生徒にとっては叱咤激励の決まり文句になっていますが、この猛暑の中、、高校生も、そして中学生も、刻苦勉励、一意専心で勉強にがんばってもらいたいと願うばかりです。
    但し、おまけのない「勉強」を・・・。

    • 盛岡白百合学園高等学校
    • 「マリア寮」のご案内
    • 盛岡白百合学園小学校
    • 盛岡白百合学園幼稚園
    • 白百合学園 沿革