HOME > News Release > 記事タイトル

News Release

2014.07.03

「図書ニュース」、地球の裏側を紹介

    「盛岡市市街地の東、小高い丘の上に本学園はあります・・・。」
    こんな書き出しで紹介文を書けそうな本校。
    一方、只今注目を集めているブラジルのリオデジャネイロを紹介するならば、さしずめ
    「屹立(きつりつ)としてそびえたつコルコバードの丘からはブラジル第2の都市リオデジャネイロを一望できて・・・」
    といった感じになりましょうか。
    サッカーワールドカップの試合を見ようとテレビをつける度、冒頭の映像にこのコルコバードの丘が映し出され、高さ30メートルもの巨大なキリスト像がリオデジャネイロの市街を見下ろすかのように立っている映像が映し出されます。
    さて、図書館前の掲示板に貼られている「図書ニュース」によれば、この像はブラジルがポルトガルから独立(1822年)し、その100周年を記念して建造されたもので、1931年に完成したということです。また、国民の80パーセント以上がクリスチャンというブラジルにとって、この像はまさに国の象徴そのものになっているということ。さらに、像全体が石鹸石(ソープストーン)という軟らかい石材で覆われている点もたいへん珍しいという説明がありました。

    • 盛岡白百合学園高等学校
    • 「マリア寮」のご案内
    • 盛岡白百合学園小学校
    • 盛岡白百合学園幼稚園
    • 白百合学園 沿革