HOME > News Release > 記事タイトル

News Release

2014.07.02

はねを伸ばす

    先月のこと、生徒が先生にこんな質問をしたそうです。
    先生、ここに書いてある「分泌」っていう漢字は「ぶんぴ」と読むのが正しいのでしょうか、それとも「ぶんぴつ」と読んだらいいんでしょうか?
    これを受けた理科の先生は、「あのね・・・」。
    ここでは省略しますが、実はこの質問、簡単に答えられるものではなかったのでした。

    さて、これと同じようなことが、今朝ありました。
    中学3年生が今日から修学旅行で北海道・道南方面に向けて出かけました。事前学習もしっかりとしましたが、百聞は一見にしかずと言います、現地で実際に見聞して沢山のことを学んできてほしいと思います。駅に集合した顔はどの子もどの子もワクワク感でいっぱいなのでしょう、皆上気した感じでした。みんなで過ごす北海道での3泊4日です。待ちに待った楽しい時間に、思いはとっくに北海道に飛んでいるかのようでした。
    普段の授業から開放されて(?)、生徒たちも羽を伸ばすんだろうなあ、そう思った途端、私の頭の中で「羽を伸ばす」か「羽根を伸ばす」か、どちらだろうかという疑問が沸きました。
    ということで調べてみました。こちらもなかなか難しいものがありました。

    事務室にある日めくり暦には、今日2日は「半夏生(はんげしょう)」と添えてありました。「半夏生」とは夏至から数えて11日目を言い、地方によっては農家はこの日から5日間は休みとするところもあるとのことで、実際、私のふるさとでも古くからこの日は畑仕事はしないという風習が残っていたと記憶しています。
    休みのない農家にとって、言わば「はね」を伸ばすに絶好に機会だったのでしょうね。


    • 盛岡白百合学園高等学校
    • 「マリア寮」のご案内
    • 盛岡白百合学園小学校
    • 盛岡白百合学園幼稚園
    • 白百合学園 沿革