HOME > News Release > 記事タイトル

News Release

2014.04.08

「一番読み方の多い漢字って、なあに?」

    大学生にだって難しいこの質問の答えは、ずばり「生」なんだそうです。
    音読みこそ「セイ」とか「ショウ」「ジョウ」くらいしか思いつきませんが、訓読みになると「いきる」「うむ」「うまれる」「なま」「はえる」などざっと10通りくらいがすぐに出てきそうです。
    「芝生」と書いて「しば・ふ」ですし、「七生ちゃん」という女の子の名前は「なな・み」、「生保内さん」と言えば県北に多い苗字の「お・ぼないさん」になります。「福生」とくれば東京にある「ふっ・さ」市のこと。今日の式中に歌った「君が代」にも「苔の生すまで」とあって、ここにも「む・すまで」とよませる「生」の字が潜んでいました。「生」という漢字の読みは、一説には100通りを越えると言われるほどです。

    その「生」がついての「生徒」です。
    今日は本校初めてとなる中学高校合同の入学式が挙行されました。
    大勢の入学生の、その一人ひとりに、それぞれの「生活」があり、「人生」がある・・・あらためて、そう思うのでした。

    • 盛岡白百合学園高等学校
    • 「マリア寮」のご案内
    • 盛岡白百合学園小学校
    • 盛岡白百合学園幼稚園
    • 白百合学園 沿革