HOME > News Release > 記事タイトル

News Release

2013.10.04

ミレー、名画の鑑賞季節を迎えて

    ミレー、名画の鑑賞季節を迎えての画像ミレー、名画の鑑賞季節を迎えての画像

    理科室前の廊下に飾られている「今日の花」というポスターカレンダーがあります。1年366日の毎日に「今日の花」と題して写真とともに花言葉も添えて紹介しています。通りがかっては、時折り眺めて見ている生徒たちの姿がそこにあります。
    花にも関心が向くように、自分と同じ誕生日に生まれた人というのにも親近感を覚えるもの。図書館には今日が誕生日という歴史上の人物を紹介する「今日はどんな日」という本があります。
    ということで、今日10月4日はと調べてみると、1814年のフランスで、画家のミレーが誕生していました。
    ジャン=フランソワ・ミレー。その代表作「種まく人」は、岩波書店のシンボルマークとして文庫本や新書版でおなじみです。
    校内にもミレーの作品が飾られています。一つは学生ホールから入って左手の壁に飾られてある「落穂拾い」。そして、チャペル前の廊下の壁とその上の音楽室前廊下には「晩鐘」の絵が掛けられています。
    どちらの絵にも貧しい農民たちに向けられたミレーの優しい眼差しを感じます。
    「落穂拾い」と「晩鐘」。鑑賞するに一番ふさわしい季節を迎えたことにも気付きました。

    • 盛岡白百合学園高等学校
    • 「マリア寮」のご案内
    • 盛岡白百合学園小学校
    • 盛岡白百合学園幼稚園
    • 白百合学園 沿革