HOME > News Release > 記事タイトル

News Release

2013.04.24

続:白百合坂に辛夷の花が咲きました

    続:白百合坂に辛夷の花が咲きましたの画像

    辛夷の花を見て想うのです。
    なぜ、こぶしを辛夷と書くのだろうかと。
    中国では辛夷は「しんい」と言い漢方薬としているのだそうな。
    しかし、ここ東北の人にとって、「辛夷」の文字はなかなか意味深です。辛夷を読み解けば、辛(つら)いという字に、蝦夷(えみし)の「夷」という文字。京の都の時代から長いことさげすまれてきた歴史とこの文字がだぶって見えてなりません。
    一昨日詠んだ
      「北を向き祈るがごとく咲く辛夷」
    の一句にも、厳しさにひたすら耐えて生きる姿を重ねました。
    そしてもう一つ。
    こぶしが古武士とも漢字変換できることを思うとき、
    まさに、紹介した『壬生義士伝』がそのまま重なってくるというものです。

    今朝も、白百合坂の辛夷が、あらたにまた数輪咲いていたのでした。

    • 盛岡白百合学園高等学校
    • 「マリア寮」のご案内
    • 盛岡白百合学園小学校
    • 盛岡白百合学園幼稚園
    • 白百合学園 沿革