HOME > News Release > 記事タイトル

News Release

2012.12.07

舟越保武氏を偲んで

    舟越保武氏を偲んでの画像舟越保武氏を偲んでの画像舟越保武氏を偲んでの画像舟越保武氏を偲んでの画像

    「長崎26殉教者記念像」や「ダミアン神父」、「原の城」などの作品で知られる岩手出身の彫刻家舟越保武氏。カトリック信仰者としてその内なる敬虔な思いを彫刻に表現し続けました。その舟越氏の作品が本校にもあります。1972年、創立80周年を記念し聖母マリアのレリーフを制作して下さいました。学生ホール脇に建っているのがそれです。静かに佇(たたず)むその碑には「あなたの隣人を 自分と同じように 愛しなさい」の聖句も刻まれ、登下校の生徒たちを朝に夕に見守り、語りかけてくれています。
    また、併設の小学校には舟越氏が児童たちに宛てて書かれた手紙があって、今、小学校の応接室に飾られています。1977年7月、自身の展覧会に見に来てくれたことへのお礼状として送られてきたものです。今年の3月11日、NHKテレビ日曜美術館でも紹介された文面がこちらです。

    白百合学園のみなさん
    私の彫刻の展らん会を熱心に見てくださったことを本当にうれしく思います  
    また小学三年と五年のみなさんから書いて頂いたたくさんの作文はみなさんの美しい心がよく書いてあって何べんも読みかえして感心いたしました
    物がとても美しく見えるときは、その人の心が美しいからなのだと私は思います。
    私が一生けんめい作った彫刻をみなさんも一生けんめい見て下さったことが 私にとって何よりもうれしくありがたいことでした
    どうぞみなさん いつまでも美しい心を持って下さい 明るく生きる心を大切にして下さい
    本当にありがとうございました

    100年前の今日12月7日が誕生日という舟越氏。静謐(せいひつ)の中に湛(たた)えられた氏の深い精神性にあらためて思いを馳せてみるのでした。

    • 盛岡白百合学園高等学校
    • 「マリア寮」のご案内
    • 盛岡白百合学園小学校
    • 盛岡白百合学園幼稚園
    • 白百合学園 沿革