HOME > News Release > 記事タイトル

News Release

2011.11.12

「竹」、紅葉落ち葉の季節に、生き生きと・・・

    「竹」、紅葉落ち葉の季節に、生き生きと・・・の画像「竹」、紅葉落ち葉の季節に、生き生きと・・・の画像

    色葉匂へど散りぬるを・・・
    美しい紅葉の落ち葉するのは早く、この季節はやはり特別のさみしさを感じます。
    そんな中、中庭の竹たちは伸びやかな姿勢で今日の青空に向かって凛とした姿で立っています。
    ちょうど今、中央渡り廊下の図書コーナーに紹介されている萩原朔太郎の詩がこの姿とだぶりました。
     
     光る地面に竹が生え、
     青竹が生え、
     地下には竹の根が生え、
     根がしだいにほそらみ、
     根の先より繊毛が生え、
     かすかにけぶる繊毛が生え、
     かすかにふるえ。

     かたき地面に竹が生え、
     地上にするどく竹が生え、
     まつしぐらに竹が生え、
     凍れる節節りんりんと、
     青空のもとに竹が生え、
     竹、竹、竹が生え。 
         『月に吠える』「竹」
     
    「小春日和」が今の季節を指していう言葉なら、「竹の秋」は春の季語と言います。
    晩秋から冬の間、「凍れる節節りんりんと」生きている竹。
    見習いたいものだと、ふと思うのでした。

    • 盛岡白百合学園高等学校
    • 「マリア寮」のご案内
    • 盛岡白百合学園小学校
    • 盛岡白百合学園幼稚園
    • 白百合学園 沿革