HOME > News Release > フィリピン・マニラ「里親ツアー」に参加しました

News Release

2012.02.13

フィリピン・マニラ「里親ツアー」に参加しました

  • フィリピン・マニラ「里親ツアー」に参加しましたの画像
  • フィリピン・マニラ「里親ツアー」に参加しましたの画像
  • フィリピン・マニラ「里親ツアー」に参加しましたの画像
フィリピン・マニラ「里親ツアー」に参加しましたの画像フィリピン・マニラ「里親ツアー」に参加しましたの画像フィリピン・マニラ「里親ツアー」に参加しましたの画像

本校では生徒たちからのまごころ募金によってフィリピン・マニラに住んでいる里子を支援しています。去る1月11日から16日、社会活動委員長である小池さんは「里親ツアー」に参加し、二人の里子との対面を果たしました。以下、小池さんの体験です。

 フィリピンは、貧富の差が著しく大きな国です。想像はしていたものの町の現状を見たときは、大きな驚きとショックで言葉を失いました。
 私は今回の里親ツアーで、三つの小学校を訪問しました。現地の子供たちは常に元気いっぱい。皆、笑顔で私たちを迎えてくれました。
子供たちは「学校に通わせてくれてありがとう。将来の夢のために頑張って勉強します。」と話してくれました。私はその言葉を聞いたとき、とても胸が熱くなりました。そして支援をしていて良かったと心から思いました。ここ数年、日本の子供たちは「学校に行きたくない」「授業が面倒くさい」などといって不登校になったり中退してしまう子供が急増しています。しかし、私たち日本人は学校に通わせてもらっていることが幸せなのです。私たちが当たり前だと思っていたことが、幸せなことであるということを、フィリピンの子供たちから学びました。
そして私は、本校で支援している里子、アンジェリンとカエラに会いました。二人とも日本で起きた東日本大震災のことを心配してくれており「日本が困難な状況の中、支援してくれてありがとう。いつも日本のこと、白百合学園のことをお祈りしています」と話してくれました。私は。そんな二人の姿を見て、これからももっと積極的に支援活動を続けていきたいと強く思いました。
 今回のツアーを通して、私はフィリピンの生活環境や教育環境など様々なことを学びました。今回学んできたことフィリピンのこと、そして私たちの支援が里子たちの助けとなり、勉学に励んでいることを多くの在校生に伝え、これからも里子たちが安心して生活し、勉学に励むことができるよう支援を続けていきたいと思います。
今回の経験は私にとって大きな財産となりました。関わって下さったすべての皆様に心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

  • MEコース
  • MIコース
  • 盛岡白百合学園中学校
  • 「マリア寮」のご案内
  • 盛岡白百合学園小学校
  • 盛岡白百合学園幼稚園
  • 白百合学園 沿革