HOME > News Release > 日中交流事業で北京訪問(30日岩手日報より)

News Release

2013.03.30

日中交流事業で北京訪問(30日岩手日報より)

    日中交流事業で北京訪問(30日岩手日報より)の画像

    3月30日付岩手日報記事より紹介です。

    日中学生友好交流事業訪中団の一員として、高校1年生Sさんが北京を訪問しました。大学生、高校生合計18名が参加したこの一団のうち、盛岡の大学・高校生が4名。
    中国の同世代の学生と「震災・防災」「教育」などをテーマにしたグループ討議や、日中友好ゆかりの地を視察しました。
    新聞記事にも紹介されている、岩手大学教育学部1年のKさんは、本校の卒業生。小学校教員をめざし、様々な活動に意欲的に取り組んでいます。
    高1Sさんコメント
    「昨日今日あった人や言葉のわからない人も心が一つになった」
    卒業生Kさんコメント
    「中国人学生の愛国心は思ったより過激ではなかった。物事を多面的にみる大切さを子どもたちに伝えたい」

    国際社会に貢献する女性として成長を続ける白百合生です。

    • MEコース
    • MIコース
    • 盛岡白百合学園中学校
    • 「マリア寮」のご案内
    • 盛岡白百合学園小学校
    • 盛岡白百合学園幼稚園
    • 白百合学園 沿革