HOME > News Release > 教育実習に卒業生来校です

News Release

2012.06.06

教育実習に卒業生来校です

    教育実習に卒業生来校ですの画像

    「先生方、こんにちは!」と、3人の卒業生がそろって顔を見せてくれました。
    3人は、聖心女子大学で初等教育を専攻しているAさんと、盛岡短期大学で児童教育学を学んでいるTさん、そして青森の明の星短期大学子ども学科のKさんです。
    それぞれ実習の期間は違うようですが、只今、母校併設の白百合幼稚園で教育実習中とのこと。
    「専門の幼稚園はもちろんですが、養護学校や介護施設でも体験実習させていただきました。」
    「私は病床保育士の仕事に興味があります。患者であるこども、幼児が がまんしていることを、看護師さんに仲介するなど、保育士にしかできないことがきっとあるはずと思っています。」
    「心理学を学んでいますが、障がいをもった児童の教育に強い関心があります。この障がいには、どのようなかかわり方がよいのか、親御さんがわからないところを保育士が気づいて援助できるようになれればと思っています。」
    「今は短大生ですが、4年生大学の編入試験を受けることにしています。もっともっと勉強したいです。」
    などなど、たくさんの抱負を聞くことが出来ました。3人は等しく、人の人生の初期段階に関わりたいと言います。この時期の関わり方がいかに大事か大切かを話していました。心を育てる保育、そして愛情を注ぎ、思いやりの心を育んでいきたいと語ってくれました。TさんとKさんはお母様も保育士とのこと。その姿に憧れ、また尊敬しての進路決定だったそうです。
    高校在学中の思い出にも話の花が咲きましたが、中でも「修養会」については、「今あらためて神父様のお話を思い出しています。あの時こういうことをお話しくださったのだと、今になって理解することがあります。」と皆さん。Tさんは当時の修養会ノートを今も時々読み返しているとのこと。
    「白百合でよかったと心から思っています」と、嬉しい一言。

    夢が実現しますように。まずは充実した教育実習になりますようお祈りしています。
    是非また、お立ち寄りください。 

    • MEコース
    • MIコース
    • 盛岡白百合学園中学校
    • 「マリア寮」のご案内
    • 盛岡白百合学園小学校
    • 盛岡白百合学園幼稚園
    • 白百合学園 沿革