盛岡白百合学園中学高等学校 盛岡白百合学園中学高等学校

今週の聖句

2020.05.18

今週の聖句 5.18~5.22

あなたの出で立つのも帰るのも主が見守ってくださるように。

今も、そしてとこしえに。

The Lord will protect you as you come and go now and forever.

(詩編121編8節)

 

 今週の聖句は、旧約聖書の「詩編」からの抜粋です。ユダヤ教の聖地エルサレムへ巡礼のために旅立とうとする人の無事を祈って、見送る人がうたった詩だといわれています。よく、旅は人生にたとえられます。だとすればこの詩の解釈は簡単で、長い旅路のような私たちの人生を、その出発から帰り道に至るまで神様がいつも見守ってくださることを祈っているのだとわかります。では、その出発地と帰り着く場所とは、いったいどこでしょうか。普通の旅であれば、それは同じ場所です。多くの場合、私たちは出発した場所へ帰ります。けれど何らかの事態に対応して急遽、あるいは初めからそのように計画して、出発地とは違う場所をゴールとする場合もあるでしょう。その場合、正確には「帰る」とは言わないでしょうし、旅という非日常から戻った後、それまでの日常とは違う日々が新たに始まるということです。これを再び人生に置き換えるなら、私たちがそれまでの習慣や生活を見直し、新たに向かうべき場所、つまり目標を設定するということになるでしょうか。長く続けてきたことを変えることは勇気がいりますし、不安にもなりやすいものです。でも、恐れずに一歩を踏み出しましょう。私たちがどこへ着地しようと、神様は私たちの主体性を大切にしながら見守り、生きるために必要な力を与えてくださいます。その力を信じることが、自分を大切にすることにもつながるのですから。

 

祈りの意向

5.18(月)多くの地域で新型コロナ・ウイルスに対する緊急事態宣言が解除されました。新しい生活様式を賢明に受け入れ、今後も一人ひとりが節度を守って過ごしながら、一日も早く世界の現状が収束に向かいますように。

5.19(火)長く続いた外出自粛要請によって、多くの企業や事業者が経済的な苦境に立たされています。このようなときにこそ一人ひとりの小さな協力によって支え合い、ともに社会の再構築をはかるために、必要な力が与えられますように。

5.20(水)気温の差が大きく、体調を崩しやすい季節です。中間試験も近づく中、体調を含めた生活全般の自己管理に努め、それぞれに与えられた力を存分に生かすことができますように。

5.21(木)Today is two weeks before the exam. May everyone of us can raise awareness and study hard for the exam.

5.22(金)社会の中で孤立したり、不安を感じたりしている人のために、私たち一人ひとりがつながりを保ち、よりどころとなる場所を作っていくことができますように。