岩手県中学校英語弁論大会第3位!

今日は生徒の活躍を紹介します\(^o^)/

9月に行われた、岩手県中学校英語弁論大会で本校の中学3生が第3位に入賞

残念ながら、今年はコロナウイルスの影響でビデオ審査となりましたが、

練習したことをしっかり出し切ることができたようです

以下、生徒のコメントです。

今回の英語弁論大会では、2歳から習っている合気道の精神について発表しました。

昔から師範に、「力で相手を制するのではなく、思いやる気持ちを大切に」と教わってきていて、それが一体なぜだろうかとずっと疑問に思っていました。その疑問を今回の英語スピーチのテーマとし、深く考えることにしました。

私は、相手とのどちらの力の方が強いかではなく、どんなことにも冷静に相手の気持ちを考え、それぞれの気持ちを調和することが大切だと考えました。それは、合気道の中だけではなく、日常で対立が生じたときにもいえることだと思います。このことを、私は世界中の人たちに知ってほしいと思いました。

今回は残念ながら全国大会への出場を逃してしまいましたが、

高校でも沢山の弁論大会があるので、積極的に参加し、今回の悔しさを晴らせるような結果を出したいと思います。また弁論大会で主張した、合気道の精神を世界中の人に広めていきたいです。

今後の活躍に期待です